太陽光発電ビジネスのメリットデメリットについて
デメリット
メリット
1.安定した収益性の高いビジネスであること
 
2.遊休地の有効利用ができること
 
3.設備は無人化ですみ、手間がかからないこと
1.高額な初期投資費用であること
2.天候に左右され、発電量が不安定であること
3.定期的なメンテナンスが必要になりコストがかかること
4.太陽光発電設備を設置する場所により、発電量の違いがでること
5.出力抑制による売電量の減少もあること
6.経年劣化による発電量の低下がでること
7.異常や故障に気付かず売電収入が下がること

太陽光発電は「やれば儲かる」という考えでは失敗する確率が高くなります!

● 発電設備の設置場所の選定(見極め)

周囲の遮蔽物(日影)、過去の災害の履歴、海岸よりの距離、設置場所の土質、日照量、気象条件などを考慮し建設計画をたて、あきらかに無理(収益の低くなる)な場所ではやらないことです。

● 発電設備の設計

設置レイアウト、設置する方角とパネルの角度、設置するパネルの高さ、配管および配線の方法、構内柱の位置、電気系統やロスの数値などを考慮し現地に一番適した設計をすることです。

● 発電設備の長期的な維持

経年劣化の対策として、定期的なメンテナンス(電気系統の点検・外観検査)、パネルの洗浄、日照量に影響する雑草の対処(草刈り、防草シート、砕石敷)、遠隔監視装置での発電量のチェックと故障通知による緊急駆付け後の早期復旧をすることです。

​太陽光発電ビジネスで成功確率を高める3つの方法

その1.初期投資をおさえる

・土地代(購入費、賃貸料)

・設備費、工事費

その2.品質を高める

・工事品質(長期的に維持できる品質)

・機器製品(機材や部品の長期的な供給できるのかを考慮する)

その3.発電設備の維持管理

・定期的なメンテナンスによる経年劣化の抑制

・異常、故障の早期発見と緊急な対処

驚きのコストパフォーマンス

    ① 自社責任施工による20年間の保証

    ② 災害リスク回避の20年間の保証

    ③ 20年間の無料メンテナンス保証